じっくり選んで決めたい賃貸物件|理想の部屋探し

不動産

契約時の注意

ビルの模型

契約をするときの注意点

賃貸物件を借りるときに大事なのが契約内容をよく確認することです。賃貸借契約書にサインをする前に、契約内容隅々まで目を通して内容を理解し、わからないことがあったら担当者に聞いて疑問点を解決しておくことが大事です。家賃の支払い方法や滞納した場合のペナルティについて、家賃の値上げについて、契約更新の時期と契約更新料について、退去時の敷金についてなど、お金に関することは特によく確認することをお勧めします。契約書は法的に有効な書類となり、それにサインをしたということは、記載されてあある内容に合意をしたということになります。しっかり内容を理解してからサインをすることで、後でトラブルになるのを防ぐことができます。

住所変更の手続きについて

賃貸マンションに引越しをするということは住所が変わるということです。そこで大事なのが住所変更に関するいろいろな手続きです。前に住んでいた住所を管轄する役所に行って転出証明書を発行してもらい、新しい賃貸がある住所の役所で転入届を提出します。ちなみに転出と転入の手続きはインターネットと郵送でもできます。やっておくと便利なのが「郵便物の転送届」の手続きです。郵便局で転送の手続きをすると、手続きをした日から一年間、古い住所に来た手紙やハガキなどの郵便物を新しい住所に転送してくれます。郵便物の転送届の手続きは郵便局の窓口かインターネットでできます。手続をするには運転免許証やパスポートなどの身分証明書が必要です。